ハゲとシャンプーの関係

ハゲとシャンプーについて正しい知識を身につけてください。

ハゲになる原因の1つに、頭皮の汚れをそのままにしてしまっていることがあります。
それならハゲはシャンプーをしっかりすれば予防になるのだろうと考えてしまいますが、過剰にシャンプーをすると逆効果なのです。

皮脂が多いというのは髪にとってよくないことですが、まったくないという状態も問題です。
適度に皮脂がある状態が、髪にとってベストな環境なのだということを覚えておいてください。

皮脂には頭皮を保護する役割もあるので、必要以上に皮脂を落としてしまうと頭皮にダメージを負いやすくなります。
これはシャンプーの回数を増やしすぎると起こることですが、シャンプーの洗浄力が強すぎる場合にも同様のことが起きるので注意してください。

急いでいるときにはすすぎが不十分になってしまうことがありますが、これもまた頭皮にとって良くありません。
汚れをしっかり落とそうとして、シャンプーのときに爪を立ててしまう人もいますが、これも逆効果です。
爪によって頭皮が傷つけられてしまっては、シャンプーをする意味がありません。

このようにシャンプーといっても単純なものではないということが、分かったはずです。
今まで間違ったシャンプー法をしていたという人は、すぐに正しいシャンプーができるようになってください。

ハゲはシャンプーをしっかりとすることによって予防・対策ができるものです。
しかし方法を間違うと、大変なことになってしまうのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。