ハゲ隠し色々

ハゲ隠しにはどのような方法があるのか、その一例を紹介します。

ハゲの人を軽視するというのが一般的なため、ハゲになってしまった人はハゲ隠しをするということも一般的です。
気にせずにハゲ頭をそのままにしている人もたくさんいますが、やはり恥ずかしいという人はたくさんいるのです。

ハゲ隠しには色々なテクニックや方法があり、その中でも最も有名なのが、他の部分から髪を無理矢理持ってくるというものです。
いわゆるバーコードと呼ばれている状態になるのですが、これは全然隠れていませんし、見栄えも悪いためおすすめできません。

ハゲ隠しは、ある程度自然に見えるようにしなければ、その効果を発揮してくれません。
あからさまな隠し方をするくらいなら、最初からしない方が良いと周囲は思っているのです。
まず自然に見えるための方法を探してみてください。

例えば増毛スプレーを使用すれば、ちょっとやそっとでは分からないレベルでハゲ隠しができます。
完全に隠すという意味ではカツラが良いかもしれませんが、そこまでお金を出したくないという人もいれば、カツラが抱えるリスクが気になるという人もいるので、万人にはおすすめできません。

しかし現在はカツラの研究も進んでいるため、以前のようなマイナスイメージのリスクを持ったものは少なくなってきました。
当然のことながらそういうものはお金もかかるのですが、どうしてもハゲ隠しをしたいというのなら、考えてみるのも1つの方法です。

ハゲ方によってハゲ隠しの方法も異なるので、気になる方は徹底的に調べてみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。