若ハゲとはどのようなものなのか

若ハゲとはどの年齢からのことを言うのか、みなさんはご存じでしょうか。

若いのに脱毛が進んでしまいハゲてしまったことを若ハゲと言います。
しかしこれは本来の名前ではなく、正式には「若年性脱毛症」と呼ばれているものです。

20〜30代でハゲてしまった人がこれに該当し、そのハゲ方にも特徴があります。
若ハゲの特徴は前髪からどんどん薄くなりはじめていき、M字ハゲになるというものです。
しかも20〜30代と書きましたが、早い人だと10代後半から発症するということもあります。

もし若ハゲがはじまってしまったら、諦めてしまうしかないのかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
しっかりと髪のケアをしてあげることによって、遅らせたり治療したりすることは可能なのです。
もしかしたらと思ったら、まず自分の状況をしっかり把握して対策をするようにしましょう。

若ハゲになる原因として明らかになっているものは、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、男性ホルモンが過剰に分泌されることが脱毛の原因です。
これは強いストレスや睡眠時間の低下、アルコールなどが原因とされています。

ハゲ対策としては頭皮を清潔にして皮脂の分泌を抑えるというものですが、ホルモンバランスのことも考えなければ本当の対策にはなりません。
もしかしたら若ハゲかもしれないという方は、自分の生活を見直す所からはじめてみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。